インターネットビデオ
インターネットビデオリンク ビデオ制作
ビデオ制作

動画検索サイト YouTube

YouTube_VideoDresser_Channel
 音楽系ビデオ 舞踊/演劇系ビデオ スポーツ・ビデオ 旅行ビデオ 記念行事ビデオ
 科学分析系ビデオ 記録系ビデオ その他のビデオ  規約 削除/変更 サイト管理者
■全件表示    ■検 索■    ■リンク登録    ■Home

Home

 インターネットビデオリンク(無料リンク)ホームページへようこそ!
当サイトは、インターネットビデオ・ページ専用のリンク集です。
 ここでいうインターネットビデオとは、いわゆるストリーミングビデオであり、インターネットで上映されるビデオをさします。 
インターネットでビデオ映像をご覧頂くためには、対応するプレイヤー
事前にインストールされている必要があります。下記アイコンから
プレイヤーをダウンロードしてインストールして下さい。(無料)


GyAo回線スピードテスト

BNR回線スピード測定
Macromedia Flash Player
Windows Media Player


Quick Time Player


Real One Player



 当サイトはインターネットビデオのページへ直接リンクする事を目的としており、小規模でも、観る人にやさしい、探しやすいリンク集である様、サムネール画像からのリンクを採用しております。
より多くの人がをあなたのインターネットビデオのホームページで楽しんで頂ける様に、
当サイトのビデオページリンクをご活用下さい。
 データ形式は、WMV、QuickTime等を問いませんが、ビデオ上映のページへ直接リンクするか、
又はインターネットビデオ(ストリーミング)のメニュー・ページに直接リンクする様にご登録下さい。
 尚、ビデオ上映ページからのリンク先は、原則として任意です。

一部のサイトを除き、個人・業者を問わず、無料リンク掲載致しますが、
無料で視聴できるサイトに限ります。

リンク登録は規約にご同意の上、登録フォームより、お進み下さい。


■検索■  都道府県 カテゴリー
ビデオ・タイトル 
ビデオ制作(VideoDresser)   Arts Link 芸術リンク集
Google  Yahoo  芸術系サーチエンジン  CGI RESCUE  MARSFLAG  CGI INFORMATION  JAPANWEB
[+plus]サーチエンジン(リンク集)  M−LIFE 音楽情報専門サーチエンジン  検索サイトiscle  楽天市場  動画検索サイト・ユーチューブ
ビデオ制作
サイト管理者 Video Dresser 吉田善信
兵庫県伊丹市鴻池2丁目6-10-105
Page-Top


【インターネットビデオの種類】
 インターネットビデオとは、いわゆるストリーミングビデオであり、ここではインターネット上で
 再生可能なビデオをそう呼びます。
  インターネットビデオには数種類のフォーマット形式があり、いずれも再生するためには、それぞれ
 のフォーマットに対応したプレーヤー(プラグイン・ソフト)が事前にインストールされている事を条件として、
 ビデオフォーマットごとに圧縮形式や再生の仕方が異なります。

    Windows Media Video 〜 OSがWindowsなら標準で、プラグインがインストールされている
    Quick Time       〜 プラグインをインストールする必要がある
    Real Video       〜 プラグインをインストールする必要がある
    Flashストリーミング  〜 プラグインをインストールする必要がある
    3GPP   携帯電話対応
    3GPP2  携帯電話対応
    AMC    携帯電話対応

【その他のインターネット動画】
    GIFアニメーション
    Flashアニメーション


【インターネットビデオのWeb環境】
  インターネットビデオの上映はWeb受信環境が大きく関わっており、同じビデオファイルを再生
 する場合でも、曜日や時間帯による回線の混雑状況や、サーバーがストリーミング専用サーバー
 なのか通常のWebサーバーか、などにより、大きな影響を受けます。回線速度が遅ければ、
 再生途中で停止したり、全くビデオが表示されないといった事も起こります。
  およそADSLか、それ以上速い光ファイバーによるWeb環境なら、または下りの回線速度が
 実測値で1MB/s以上なら大半のインターネットビデオを再生する事が出来ると思います。
  ストリーミングビデオを制作する者は、より高画質で、より大きな画像を配信したいと考えるのは
 当然の事なのですが、より多くの方々に幅広く視聴して頂くためには、Web受信環境を無視する事は
 出来ません。そのために少々回線速度が遅いWeb環境でも再生できる様にビットレートを抑えたり、
 高速・中速・低速の様に数種類の回線速度に対応してユーザーが選択出来る様にする、また、
 サーバーも高額なストリーミングサーバーを使用するなど、配慮が必要です。
  2005年9月現在、私見ではありますが、画面サイズの横320pix、縦240pix、250kbps〜500kbps
 程度のストリーミングビデオが多く見受けられます。
  今後の環境充実度や光ファイバー回線の普及に伴って、より大きな画像サイズへ、より高画質に
 なってゆくものと期待します。

Page-Top